1. TOP
  2. ぽっこりお腹は子宮筋腫のサイン?

ぽっこりお腹は子宮筋腫のサイン?

子宮筋腫の基礎知識 この記事は約 6 分で読めます。 42,859 Views
子宮筋腫ぽっこりお腹

>>子宮筋腫を日常のケアで治療する方法



「最近妙に下っ腹のあたりがぽっこりしてきたんだよね…」「全体的にはそこまでお腹は出てないのになぜか下腹部だけぽっこりお腹で目立つんだよね…」「そんなに食べてないんだけどね…」という女性は、もしかしたらそれは子宮筋腫ができているサインかもしれません。

子宮筋腫は子宮内にできる良性の腫瘍なのですが、自覚症状のないまま肥大化する事も多いので、自分のぽっこりお腹を見て気になって色々調べはじめ、子宮筋腫を疑い出すという女性も少なくないのです。

特に女性の体は男性に比べてただでさえ下腹部はぽっこりしがちですから、子宮筋腫の自覚症状が全くなければ、健康診断や婦人科検診でエコー検査でもしない限り、お腹がぽっこりしてくるまではなかなか筋腫の存在に気が付かなくて当然なのです。

子宮筋腫の症状の1つでもあるお腹のしこり

子宮筋腫は大きくなると、できる場所によっては下腹部が突き出てぽっこりとしてきます。

仰向けに寝そべってみて、下腹部にしこりがないかをチェックしてみましょう。

もしもしこりがあった場合はかなりの高確率で子宮筋腫ができている可能性がありますし、鏡を見て自分のぽっこりお腹に気づいたり、自分で触ってはっきりとしこりが感じられるようですと、既に筋腫が大きく育っている可能性が否定できません。

ただし、筋腫ができる場所によってはかなり筋腫が大きく育っているにも関わらず全くお腹が出ない場合もありますから、しこりが感じられなかったからと言って子宮筋腫ができていないとも一概には言えないのです。

子宮筋腫の存在を確かめるにはやはり医療機関で正しい診察を受けて、子宮内部の様子を検査して貰うのが良いでしょう。

参考までに、子宮筋腫の各種症状をピックアップしておきますので、ぽっこりお腹や下腹部のしこり以外に、下記の症状に身に覚えのある女性は、早めに医療機関で診察を受けるようにして下さい。



子宮筋腫の主な症状

子宮筋腫ができている事によって起こる各種症状を紹介します。

子宮筋腫は大きさもさる事ながら、出ている症状の程度によっても治療方法が女性によって異なりますから、まずは自分の症状について把握する事が重要です。

過多月経

子宮筋腫ができた事によって子宮内膜の面積が増えるので、生理時の出血量が増加します。月経が10日以上ダラダラと続いたり、レバーのような血の塊がでます。子宮筋腫の症状として最も多い症状です。

貧血

過多月経によって体内の鉄分が欠乏して貧血になります。貧血になると体が冷えやすくなったり、疲れやすく、動悸や息切れもするようになります。また子宮筋腫の影響で、月経時以外にも出血するようになり、それも更に貧血を悪化させます。貧血はもともと女性には多い病状でゆっくりと進行するため、なかなか子宮筋腫の存在には気が付きにくいでしょう。

月経痛

子宮内にできた筋腫という異物を排出しようとする力が子宮に働き、筋腫ができていない状態の時よりも子宮が大きく収縮するので、それが月経痛となります。下腹部痛にはじまり、頭痛や腰痛、女性によっては吐き気やおう吐を伴う場合もあるでしょう。

下腹部のしこり

子宮筋腫ができる場所にもよりますが、子宮筋腫が人の握りこぶしくらいの大きさにまで成長すると、手で押した時に下腹部にしこりを感じる事がありますし、場合によってはお腹がぽっこり膨らんでくる女性もいます。

圧迫症状

子宮筋腫ができて子宮がでこぼこになる事により、その周りの臓器が圧迫されます。大腸が圧迫されると便秘になりますし、膀胱が圧迫されると頻尿になります。また、筋腫の影響で子宮の周囲の静脈が圧迫されて血液の流れが妨げられるので、それが下腹部の痛みや腰痛にもつながると考えられています。

不妊症

子宮筋腫によって子宮内膜や卵管の形が変形してしまっているので、その影響で着床障害を起こし不妊につながります。

性交痛

子宮筋腫がある事によって稀に性交痛が出る事があります。深く挿入された時に子宮がつるような感覚があります。



まとめ

子宮筋腫は成人女性の4人に1人はかかる一般的な病気であるにも関わらず、ぽっこりお腹に代表されるように、一般的な女性特有の症状だと勘違いされて、その存在に気が付かない事がかなりあります。

自覚症状がなく、医療機関での検診も受けていないために子宮筋腫がただ見つかっていないだけという女性を含めれば、2~3人に1人もの女性が子宮筋腫持ちだという意見もあるほどです。

繰り返しますが子宮筋腫は良性の腫瘍なので気が付かずに放っておいても命に別状はありません。

ですが、早期発見ができればそれだけ治療法の選択の幅もぐんと広がりますし、放っておけば知らず知らずのうちに不妊症などにつながる可能性も含んでいます。

女性にとって子宮は非常に大切な器官ですから、身近な病気である子宮筋腫に対する認識を深め、もしも子宮筋腫ができた際は早期発見ができるように努めましょう。

また、お腹がぽっこりとしてくる以外にも、子宮筋腫持ちの女性によくある症状であるにも関わらず、一般的な女性の特徴として見過ごされがちなのが生理が止まらなかったり、ダラダラと続くというケースです。

下記の記事でその内容をまとめてありますで、生理が長引いたり不規則になりがちな女性はぜひ参考にしてみて下さい。

【生理が止まらないのは子宮筋腫が原因かもしれません】
http://kinsyu-kyokasho.com/seiri-tomaranai




また、子宮筋腫によってお腹がぽっこりしている訳ではないのであれば、単純に肥満でお腹の脂肪が増えてしまっているか、便秘によってお腹が出てしまっている事も考えられます。

そういった場合は便秘解消やダイエットに効果のある健康茶を飲んでみる事で悩んでいた便秘が解消され、ぽっこりお腹もへこんでくるケースも多々あります。

いずれにせよ、子宮筋腫は早期発見、早期治療が良いにこしたことはありません。日頃から自分自身の体には敏感になるようにしたいものですね。

>>子宮筋腫を日常のケアで治療する方法

子宮筋腫の再発防止大きさを改善する物として
筋腫持ちの多くの女性が実践している治療法です♪
詳細はこちらからご確認下さい。

子宮筋腫の再発予防にお役立ちできれば幸いです。




\ SNSでシェアしよう! /

子宮筋腫手術の注目記事を受け取ろう

子宮筋腫ぽっこりお腹

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子宮筋腫手術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 生理止まらない

    生理が止まらないのは子宮筋腫が原因かもしれません。

  • 子宮筋腫ぽっこりお腹

    ぽっこりお腹は子宮筋腫のサイン?

  • 子宮筋腫再発

    子宮筋腫の再発防止に必要な7つのケア【保存版】

  • 子宮筋腫手術

    子宮筋腫の手術後は痛みで死ぬかと思いました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 子宮筋腫手術しない

    子宮筋腫の症状は手術をしないで治療可能なの?

  • 子宮筋腫手術

    子宮筋腫の手術と信頼できる医師の3つの判断基準

  • 子宮筋腫手術

    子宮筋腫の手術はするべき?治療前の女性が抱える悩み

  • 子宮筋腫成人女性

    子宮筋腫は成人女性に最も一般的な病気です。

  • 子宮筋腫手術

    子宮筋腫の手術と手術後に起こりうる症状

  • 子宮筋腫治療法

    女性は全員知っておきたい、子宮筋腫の治療法!